簡単スタートアップ

DKIMの設定

DKIM(DomainKeys Identified Mail)の設定方法です。この設定を行うことで、メール送信者のなりすましや改ざんの検知が可能になります。

※DKIMを有効にすると送信メールにDKIMの署名ヘッダーが追加されるため、ドメインにてDKIMのDNS設定が反映していない間は送信先側でDKIMがパスされず、迷惑メール等として扱われる可能性があります。

1 コントロールパネルにログインします。
左メニューの「ドメインの利用 → DKIMの設定・鍵確認」をクリックします。

2 DKIM設定を行うドメインの
① 有効にチェックを入れ
②「DKIM設定」にをクリックします。
※DKIM設定を行うには、ドメインメールを最低でも1つ作成する必要があります。

3 設定が完了しました。「戻るにはここをクリックしてください」を押します。

4 対象ドメイン横に表示されるレコードの内容を選択し、コピーします。

5 ドメインのDNS設定画面にて設定を行います。

バリュードメインでのDNS設定変更手順は以下をご確認ください。

DNS情報・URL転送の設定
※DNS設定の変更がインターネット上に反映されるまで、5~30分程度かかる場合があります。

【DNS設定について】

◆ バリュードメインのネームサーバーをご利用の場合
DKIMのみ有効化させる場合 txt default._domainkey v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI***(赤文字がコピーした値の部分)***
DMARC/DKIM両方を有効化させる場合 txt _dmarc v=DMARC1; p=none;
txt default._domainkey v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI***(赤文字がコピーした値の部分)***

◆ バリュードメイン以外のネームサーバーをご利用の場合

DKIMを有効化させる場合 ホスト名 default._domainkey
ターゲット v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI**********
タイプ TXT
DMARCを有効化させる場合 ホスト名 _dmarc
ターゲット v=DMARC1; p=none;
タイプ TXT

※サブドメイン 例:sub.example.com で設定する場合は名前の部分を以下のように変更ください。

・default._domainkey → default._domainkey.sub

・_dmarc → _dmarc.sub

※上記DMARCレコードはDMARC送信認証をPASSするための最小構成です。任意の内容に変更いただけます。

×
独自ドメイン取得ならValue Domain(バリュードメイン) 独自ドメインをお手頃価格でらくらく取得